記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G級大討伐初参加の方へ

「ラヴィエンテに行ってみたい!でも暗黙の了解とかマナーとか分からないからどうしようもない…。」
そんな方へ向けた投稿です。

0.参加する前に
参加前の事前準備。
運営曰く「競争のコンテンツ」、
プレイヤー曰く「エンドコンテンツ」であるラヴィに挑むためのものです。

0-1.防具について
まずは、とりあえず「最高火力が出せる装備」を自分の手持ちで組んでみてください。
どんなスキルになったでしょうか。

現在ラヴィで主流に使われている双剣・大剣・鎚・笛・ライトのうち、
ラヴィ初心者向けである笛を例に上げてスキル構成例を挙げると、
  狩猟技【奏帝】、一閃+3、巧撃、剣神+2、代償、
  豪放+3、激励+2、紅焔の威光+2、絶対防御態勢、弱点特効、
  闘覇、抜納術+2
この12スキルになります。
人によって巧撃を纏雷にしたりと意見が分かれますがあくまで一例です。

これほどの防具構成になるのは辛いでしょうか。
しかし、「不退ノ構」所持者に極力近づくため、また自分たちのPTに貢献するためには、
この程度が最低限であると言えます。
抜納術を1に落としたり、天廊武器にスキルを入れて重いスキル(激励等)を補えば、
それほど難しい話ではないはずです。

「ラヴィに行くためだけに、何十連戦もして装備更新なんてイヤ!」
という気持ちは分かりますが、
300回以上通ってやっと1本の武器が出来るほどの連戦数を必要とされるラヴィでは
「数十回普通のモンスター狩れば終わるんだからコレくらい組め」
と言われてしまいます。
先に言いましたがラヴィエンテはエンドコンテンツです。
その他要素を未攻略のまま攻略できるような、ぬるいコンテンツではないのです。

0-2.武器について
近接武器なら、とりあえず「攻撃力が高い武器」を選べば問題ありません。
属性値は考えないで大丈夫です。
もし「残響の結晶」を持っているならセリスィ系の武器を生産し、
改セリスィLv50まで強化すればそれが非進化で最適解と言えます。

遠距離武器はライト、ヘビィ、弓の三種がありますが、
闘覇を活かしやすいライト1択です。
ノヴァエラを持っているならノヴァエラ、
持っていないならナルガ、ベリオ、始種トアのものがいいでしょう。
ただし、遠距離は何かと負担が大きいためラヴィ初心者にはオススメしません。

武器種で困ったら、とりあえず笛をおすすめします。
笛が苦手なら、双剣か鎚になります。
その他の武器種はあまりオススメできません。
大剣は、進化武器Lv100でなければ双剣に劣ります。
穿龍棍は使いやすいですが、打撃武器としては中途半端なのでNGです。
極めると鎚に匹敵するくらいにはなりますが、それはまた別のお話。

0-3.狩人珠、秘伝書特殊効果、その他要素について
狩人珠は、ラヴィ初心者なら 胆力・おまけ術・(精鋭の練気or武器術【小】)でOKです。
慣れてきたら、 胆力・精鋭の練気・武器術【大】 にしましょう。

秘伝書特殊効果は、魂の再燃・会心率+24% に限ります。
スキル構成が剛撃型でも代償型でも、会心率を補いやすく、また1乙回避できます。

参加前に、プーギーに秘薬や回復薬Gを持たせるのもアリです。
ラヴィでもこれらを使用してくれるので、慣れないうちはかなり役立ってくれます。
歌姫の歌を聴いておくのもアリです。ただし効果時間には注意しましょう。


1.実際に参加してみる
参加にも少し面倒なルールがあります。

まず先に、【支援】という特殊なクエストに出る4人と、ラヴィ主催だけが参加します。
もし支援4人が集まっていないなら、主催以外は参加してはいけません。
唐突に「主催」というワードが出ましたが、つまり32人をまとめて合図とかを出す人です。

支援4人(+主催1人)が参加できたら、戦闘をする人が参加します。
しかし適当に参加していいわけではなく、主催が「討伐参加どうぞ」等の合図を出してからです。

なぜこんな合図が必要なのか?
それは、G級大討伐には参加者上限があるからです。
例えば、大討伐に5人が既に参加しているとします。
しかし、そのうち4人が支援とは限らないわけです。
先に入ってしまった戦闘員や、何も知らないMHF初心者が紛れたりします。
それなのに戦闘員が一斉に参加して上限の32人になってしまうと、
【支援】クエストに出る4人が集まらないまま大討伐が進行してしまいます。
【支援】クエストは非常に重要で、これが無いと大討伐失敗まであり得ます。
こういったことを防止するための参加合図です。

合図の理由はこの程度にしておいて、
もうお気づきかと思いますが、上限32人以上に人が集まったらどうするのか、ということです。
主催が参加合図を出すときに、戦闘員が60人以上居ることだってあります。
先に「ラヴィは競争のコンテンツ」と言いましたが、別の意味での競争がここで始まります。
主催1+支援4を差っ引いた27の戦闘枠を、主催の合図と同時に全員で奪い合います。
競り勝てれば戦闘員として参加できます。競り負ければ参加できません。
主催の合図を見た瞬間にボタンを連打することが大事です。


2.大討伐に参加できたら
大討伐開催後、支援の人はすぐに【支援】クエストを貼って出撃していきます。
関係のない人はこれに参加してはいけません。
しばらくすると、主催がよく分からないことを言い、即座に戦闘員が「放置ノ」等と言い出します。
例えばこんな感じ↓
http://blog-imgs-96.fc2.com/a/d/v/adv0611mhfg/9e9b4c9868aeef0fbe9e03e6e0a33a95.png
これについて説明します。

現在「5PT制」という、戦闘員4人の1PTを5個作る制度が主流です。
支援の4人と、戦闘PTの4×5=20人を足して24人。
上限32人から24を引くと8になります。
この8人は何をすれば良いのかというと、ただひたすら「放置」です。
クエストに出撃してベースキャンプ放置したり、キャラバンでそのまま放置したりします。
たまに、放置なのに戦闘エリアに出て、ラヴィエンテの動きを観察する人も居ます。

ではなぜ「放置」が必要なのでしょうか?
答えは簡単で、「ラヴィが弱すぎるから」です。
実装当初こそラヴィを1体討伐するのに1時間かかったりしましたが、
現在は5PTだけでも18分程度で討伐できてしまいます。
これは、スキル「不退ノ構」や進化武器を持っている人が増えたこと、
ラヴィの動きを理解して攻撃を効率よく入れられる人が増えたことによります。
「ラヴィは競争のコンテンツ」とは言ったものの、
現状28人でタコ殴りにしてしまっては、競争も何もない程ポイントを稼げないのです。

ラヴィ初心者のうちは、この放置枠を狙うのがおすすめです。
ラヴィはクエスト開始直後は決まった行動しか取りませんから、
それを覚えるために放置枠をもらい、1人で出撃し、ラヴィを観察してみてください。
しかし、この放置枠は「早い者勝ち」で、
主催が放置希望者を募るチャットを流したら、
すぐに自分が放置希望であることを伝えなければなりません。
先に貼った画像では、14人が放置希望をしていますが、
実際に放置できるのは上から8人までです。
これも一種の競争と言えるでしょうか。

放置枠から外れてしまった人、またはそもそも戦闘員になりたかった人は、
その人達だけでPTを編成します。
ラヴィエンテは、殴られれば殴られるほどその属性に耐性を持ちます。
属性というのは火属性龍属性などだけでなく、斬属性、打属性、弾属性もです。
そのため、1PTに弾1人+斬1人+打2人という構成が主流になりました。
打が2人なのはラヴィを確実にスタンさせるためです。
この構成で編成できるように、自分が武器を変えたり、他の人にお願いすることが大事です。
PT編成が完了したら、主催が「出撃どうぞ」と合図を出すまで待機します。
合図が出たらみんな一斉に出撃です。フライングはしないようにしましょう。

「放置取りたかったけどダメだった」
「自分が使いたい武器で入れるPTがない、他の人にお願いしづらい」
「余りのPTなんてイヤ」「ちょっと急用ができちゃった」
そんな場合は大討伐から脱退しても問題はありません。ご自由にどうぞ。


3.補足
上に書いていないことの中で知るべきことを書いておきます。

3-1.やってはいけないこと
・戦闘員参加前の周囲チャット
  先に言ったように、戦闘員参加も競争です。
  戦闘員は、主催の合図を今か今かと待ち構えています。
  そんなところに、「頑張りましょう!」等と周囲チャットをしてしまうと
  それを主催の合図だと勘違いした人がフライングしてしまいます。
  そういったフライングを起こさせないために、チャットは控えるべきでしょう。

・放置枠を取ったのに、ラヴィをガンガン攻撃
  火力を落とすための放置枠ですから、出来る限り自重してください。
  一閃を1に落としたり、火事場をやめたり、弱い武器を使ったり等すれば
  「ここでどれくらい攻撃できるな」という判断のために攻撃を入れるのは可ですが、
  剛5一閃3、火事場、闘覇も入れて、セリスィで攻撃!というのはやめましょう。
  練習のために、放置枠用の装備を組んでいる人は結構居ます。

・支援ネコに話しかける
  【支援】クエストは、受付嬢の右に居るネコから受注します。
  そのネコには1人だけしか話しかけられないため、むやみに話しかけると
  支援の人がクエストを受けられず、大討伐の進行が停止します。

・「自分は放置枠です」と言い張る
  放置枠募集のときに、自分が最速で放置希望を表明したように
  自分の画面では見えていても、主催の画面ではそうは見えてません。
  MHFのチャットは、送信にも受信にもタイムラグが発生します。
  そのため、自分の表明が1番最初にあっても、実際は1番下ということもあります。
  主催は、放置枠に入る人を読み上げたり、
  逆に放置枠に入れなかった人を読み上げたりということを必ずします。
  その読み上げを見逃さないようにしましょう。

・大討伐の途中参加
  一度は経験したことがあると思いますが、
  「mhf.exeは動作を停止しました」というポップアップと一緒に
  ゲームが落ちることがあります。
  これは大討伐中でも容赦なく起こる現象で、これによって落ちると
  その人の大討伐の枠が消え、他の人が参加可能になります。
  しかしここで誰かが入ってしまうと、落ちた人が戻ってきたときにまた参加できません。
  放置の人が落ちたのなら被害は小さいですが、
  落ちた人が放置かどうかは誰にも判断がつきません。
  まだ大討伐が開催直後で、PT編成中で、かつ枠が空いているなら参加してもいいですが
  それ以外(ほぼ全員が出撃している、等)では参加しないようにしましょう。

3-2.気をつけるべきこと
・課金コースの残り時間
  「大討伐中なのにHLコースが切れた!クエスト参加できない!」
  こんなことは珍しいことではありません。
  大討伐に参加する前に、あとどれくらいで切れるかを毎回確認してもいいくらいです。
  もし大討伐中にトライアルコースになってしまったら即座にメンバーに報告しましょう。

・睡眠を充分に取る
  大討伐に没頭しすぎて、クエスト中なのに寝落ちしてしまう人も居ます。
  初心者のうちは行かないと思いますが、【支援】クエストだと被害は甚大です。
  支援の人が寝落ちしてしまって、そのラヴィを放棄して別ランドに行ったこともありました。
  戦闘員の寝落ちはそのPTに迷惑がかかるだけとは言っても迷惑はかかるので
  眠いなら寝てからラヴィに行きましょう。(結構真面目な話です)

3-3.知っておくと便利なこと
・キエル前とクエストボード前へワープが可能
  携帯機操作なら、左スティック押し込みでメニューが表示されます。
  このメニューから、メゼポルタ広場、キエル前、クエストボード前、武具工房のそれぞれへ
  一瞬で移動することが可能です。
  いちいち走るよりこちらの方が早く、
  キエル前へのワープは、すぐにキエルに話しかけられる位置に飛べるので便利です。
  キエルにカーソルが合っていない場合は、十字キーで対象を選択できることも覚えておきましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。